閉じるボタン

「雑婚時代」(1961)

0点--
芸能界の内幕を背景に描く風俗ドラマ。芸域を広くするためには体当たりで何でもやるのだと、大女優になりたい一心で家を飛び出した友野マリ子は、プロデューサーやスポンサーとことごとく関係を結んでは大役を勝ち取って名声を得ていく。そんな彼女を一人の男がじっと見つめていた。

あらすじ

大東京が夕闇に包まれた頃、チャップリンの映画を見た平田剛が表に出ると、「おじさん!」と呼ぶ声がした。霧の中に一人の少女がたたずんでいる。平田はこうしてマリ子を知った。大女優になりたい−−これが、若鮎のようにピチピチしたマリ子の夢である。家を飛び出した彼女は、芸域をひろくするためには体当りで何でもやるのだといって、平田をびっくりさせた。平田はある電機製品販売会社の専務で、永患いの妻八重子と二人暮らしだが、明るくて大胆なマリ子にすっかり魅了されてしまった。マリ子はこれまでの小劇団を離れ、銀座裏のバー「雑婚時代」の女給になった。常連の新進作家花井にとり入って新劇座のスターになり、「椿姫」の主役をもらった。その夜、花井のアパートに姿を見せたマリ子は、彼の前に肉体を投げ出すのだった。マリ子は新劇座の幹部旗田から演技指導をうけるうち、彼とも関係を結んだ。それによって花井と手を切ろうという、彼女一流のやり方だ。京都で公演中、マリ子は街角で先輩の草柳夏代と会い、彼女のパトロン成宗に紹介された。成宗はセントラル電機の重役で、近く同社がスポンサーになるテレビ番組の主演女優を探しているのだった。マリ子は湖へのドライブで成宗に得意の体当り戦法をかけ、テレビの役をかち取った。いまや彼女は成宗をパトロンにして豪華なアパートに住み満足感を味わった。未練がましく訪ねて来る旗田など歯牙にもかけない。そんなマリ子に、いちぢくプロの諸岡が、大宝映画出演の話を持ちかけた。ある日、マリ子は成宗に会うため料亭へ行くと、意外にも夏代と成宗の妻房子がいた。パトロンを奪われた夏代が房子にけしかけたのだ。マリ子は手切れ金を出す夏代の頬を殴って、憤然と席を立った。パトロンを失ったマリ子の望みは、映画に出ることだけである。諸岡の仲介で知った番堂興行の社長は、サーカスの団長が鞭をふるうのと同じやり方で、マリ子の肉体に襲いかかった。まもなく、映画「私には夫がある」が封切られると、マリ子は有名になった。しかし、彼女は一人の男だけを愛していたことに気がついた。それは、自分を精神的に愛してくれた平田剛である。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 83
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する