閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「薩摩飛脚」(1951)

0点--
サイレント時代に、伊藤大輔・山中貞雄両監督によって作られ、さらにトーキー初期に伊藤監督によって再映画化された大佛次郎の原作の3度目の映画化。神谷金三郎は松村四海とともに幕府の密命を受け薩摩藩に潜入するが、松村は谷底へ転落。江戸へ生還した神谷に、疑惑の目が向けられ……。

あらすじ

その頃幕府は外様の薩摩藩が他国者の入園を禁止したことに不審の眼をむけ、隠密神谷金三郎と松村四海を差向けたが、国境で警備の者に発見され、神谷は逃れたが松村は谷間へ転落して消息を断った。江戸へ帰った神谷は松村の妻靜が彼の初恋の相手だったために周囲から疑惑の眼をむけられ、代地の馴染芸者小富のところへ入りびたっていることも、人々には快く思われなかった。しかし十三歳になる松村の実弟欽之助が唯一人兄をたずねて旅立ったと靜からきかされ、神谷はあわててそのあとを追い単身江戸を立った。欽之助は途中薩摩藩の手先、巾着切のお蘭と道づれになるが、欽之助のあとを追った魚屋の魚吉がやっと追いついたとき薩摩の相良義人たちに囲まれ、魚吉は殺された。これを見ていた巾着切やらずの清吉は神谷を助けて相良たちと渡り合うが、瑞海坊主の出現でさえぎられ、その間に欽之助はお蘭につれ去られた。薩摩の大阪藏屋敷へ連れ込まれた欽之助は相良から兄が江戸へ送られ留守居役伊集院の屋敷で打ち首になると聞された上に殺されようとするが、これに義憤を感じたお蘭は欽之助をかばい、神谷や清吉と強力、大阪藏屋敷から逃れて、一行は再び江戸へ向うのだった。しかしこれをさえぎる瑞海と渡り合って、神谷はもろともに河中へ転落して行った。一方江戸では、伊集院が神谷を想っている小富を策で自分の邸へおびき寄せたが、そこへ神谷が帰って来、更に松村も瑞海によって逃されて帰って来た。しかし神谷は小富を救うため単身伊集院の邸へ乗り込んで行った。短銃をつきつけられ窮地に陥った神谷を救ったのは又しても瑞海であった。彼こそ島津侯の外戚で明智のほまれ高い内膳源の義邦であった。「薩摩一国の不為でも、人材は殺してはならぬ」というのであったが、これをきき入れぬ伊集院はついに神谷の刃に倒された。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1951年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 96
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する