閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「皇室と戦争とわが民族」(1960)

0点--
神武天皇の東征から始まり、昭和12年の蘆溝橋事件による日中戦争、太平洋戦争、敗戦、米軍占領、独立、皇太子の結婚、親王殿下の誕生まで、日本と皇室との運命を描いた新東宝お得意の戦争・歴史大作。神武天皇を演じる嵐寛寿郎を筆頭に、新東宝おなじみの男優たちが総登場している。

あらすじ

神武天皇の御東征−−昭和十二年七月七日芦溝橋に端を発した日中両軍の戦闘。陛下は戦争状態を解決する努力を続けたが、軍の巨大な力をどうすることもできなかった。昭和十六年十一月二十六日、最高戦争指導者会議は開戦やむないとの決議がなされた。陛下は万機公論に決するという明治以来の伝統と、立憲国の君主としての分をあくまでも守らなければならなかった。十二月一日、開戦の議は決せられた。緒戦は華々しかったが、ミッドウェイ海戦の敗北を契機に日本は劣勢にたった。しかし、攻府・軍部は国民をしゃにむに戦争にかりたてた。陛下はひそかに終戦の決意を鈴木首相に打ちあけた。しかし、軍の圧力にあい鈴木首相はポツダム宣言を黙殺した。八月六日、広島に原爆が投下された。八月十五日、遂にポツダム宣言は受諾された。八月三十日、マッカーサー元帥が厚木飛行場に進駐した。日本は被占領国となった。二十一年新春、陛下は年頭の詔書で神であることを否定し人間宣言を発表した。二十二年襲いかかったインフレの荒波は、労働者の生活をおびやかした。ゼネスト、国鉄の首切り、三鷹・松川事件。やがて朝鮮戦争が勃発した。国内は依然として暗雲低迷としていた。二十七年、サンフランシスコ講和条約が結ばれた。「国の春と今こそはなれ露こほる、冬にたへこし民のちかのに」と陛下はその日の喜びをお詠みになった。この年の十一月十日、皇太子は成人式と立太子の儀式をとり行い、三十四年四月十日には正田美智子嬢と結婚。そして明年二月二十三日には親王殿下が誕生した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 95
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する