閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「憧憬」(1977)

0点--
若さにまかせた夢多き生活に別れを告げ、一流実業家と婚約、家庭に入る心がまえでいる女性設計技師。そんな彼女の前に、一心に理想を追い求め続ける婚約者の弟が現れる。彼女の心は再び揺らぎ始めるが……。「約束」などスタイリッシュな青春映画を得意とする斎藤耕一監督作品。

あらすじ

洋介は、亡父弘隆の七回忌の法要が行なわれた日、四年ぶりにアメリカから帰国。母親千鶴子は、夫の死後、村形製薬を一人できりまわし、兄・英樹もそんな母の期待にこたえるように逞しかった。母は洋介にも、英樹のように逞しくなってほしく、米国留学をさせたのであった。しかし、洋介は、一年間の大学生活で、自分が村形家の一員とし耐えられないことを悟り、大学をやめ、放浪生活を送っていたのだ。そのことをこの期に母に内明けようとしたが千鶴子の顔を見ると何も言えなかった。その日、兄のフィアンセ・由幾を見て、洋介はその美しさにひかれ、自分の夢のよき理解者であると直感。由幾もそのようなことを感じた。由幾は銀行頭取の娘で、壁画家であった。それから、二人は何回かのデートをかさねた。洋介はある日、福生の街で知り合った自称・カルロスを由幾と二人でたずねた。しかし、その時連中は、麻薬パーティを開いていて、洋介と由幾はびっくり。カルロス等は翌日、警察に摘発され、洋介の名も新聞に出てしまった。由幾は英樹と洋介の間にはさまって悩む。そんな由幾の気持の一番の理解者は千鶴子であった。数日後、由幾をヨットに誘い、洋介は彼女に求愛。しかし、今は強くなった洋介の愛を拒絶する由幾。二人がヨットで出かけたことに気づいた千鶴子と英樹は、慌てた。そして親子の対立。英樹は千鶴子の由幾を迎えにいってほしいという願いを、由幾は自分の所に帰ってくると言い張る。結局、由幾は英樹の所にもどって来る。赤く染った海上に浮びヨットの上で洋介はいつまでも動かず、じっとしていた。そんな彼の後姿はたくましい青年の姿に変わっていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1977年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 88
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する