閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「悪役パパ」(1993)

60点60
新田たつおの同名マンガの映画化で、親子の愛を絡ませた、異色バック・ステージもの。悪役専門の俳優、芥田は、妻を事故で失い、二人の娘を男手一つで育てている。父親が悪役で、何かと肩身の狭い思いをする娘たちだったが、ある日、芥田に初の主役の話が来る。タイトルは『極悪人への道』という、大型時代劇だったが……。内藤剛志の、恐さと優しさを使い分けた演技に注目。

あらすじ

美貴と静香の父親・芥田労はベテランの悪役俳優。妻を失くしてからは酒もピタリとやめ、ひたすら殺され役専門で奮闘しているが、娘たちはそんな姿を同級生から馬鹿にされ恥ずかしく思っている。彼女たちの不満に応えることも出来ず、芥田はいつものように行きつけの店で後輩の托合と夕飯を取ったり、汚れ役に初めて挑む元アイドルの元花幸恵を巧みに勇気づけたりしていたが、そんなある日彼にも初主演のチャンスが巡ってきた。女房を殺された油問屋の悪太郎が二人の娘を女郎屋に売り飛ばし、悪の道をひた走りながら下手人を追い詰めるという大型時代劇『極悪人への道』で、芥田は自分自身の人生をその悪太郎に重ねながら執念を燃やし演じていく。元花演じるお吉に心を寄せながら、やがて撮影は佳境を迎えた。しかし、娘たちは相変わらず芥田に冷たい。いくら主役とはいえ、極悪非道の男をまたも父が演じることが恥ずかしいのだ。おまけに元花は二枚目スターの日色と婚約。いいことなどさっぱりなく、作品は完成した。しかし、試写を観た美貴と静香は、銀幕の中で一生懸命生きようとする我が父親に初めて感動し、自分たちの非を認めて泣きながら芥田を称えるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1993年
製作国 日本
配給 ケイエスエス=ビデオチャンプ
上映時間 96
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する