閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「おれは男だ!完結編」(1987)

0点--
1970年代に人気を博したTVドラマ「おれは男だ!」の続編的作品。TVドラマで主演を務めた森田健作が、製作も兼任している。受験勉強一色に染まり、無気力な生徒ばかりが目立つ母校・青葉学園に喝を入れるべく、サイパンで日本語を教えていた剣道部OB・小林が帰ってくる。森田流青春学をストレートに表出。

あらすじ

小林弘二はサイパンのサンアントニオで、日本語学校の教師をしていた。ある日、母校青葉高校の渡辺タツ校長から手紙が届いた。内容は「進学校となり活気を失ってしまった青葉高校に戻り再建してほしい」というものだった。弘二は母校のために立ち上がった。6年ぶりに鎌倉駅に着くと、妹のかおるとかつてのガールフレンド・吉川操が迎えに来ていた。学校ではタツが体をこわし休んでる間に教頭の大田がすべてを仕切っていた。県内一の進学校となった青葉高では受験勉強の妨げになると、運動部は全国制覇したアメラグ部しか活動していない。弘二はさっそく剣道部の再建に乗り出すが、集まった部員は藤田聡ひとり。しかも、PTAや教頭から横やりが入り、最低5人の部員を集め、今年の公式戦に参加しなければ廃部にするという。教師の多くは弘二に対して冷かったし、勉強第一に考えている生徒たちもクールだった。それでも藤田のほか元剣道部の元橋稔、教育ママの反対を押し切って入部した岸本進、就職組の木崎真弓、弘二の妹で青葉高に進学しているかおるでなんとか5人がそろい、大会に向けて合宿に入った。が、ある日、腕のたつ元剣道部員の伊藤が教頭の命令で元橋に試合をふっかけ手にケガを負わせてしまう。弘二が合宿に夢中になっている頃、操は会社の上司からプロポーズされ悩んでいた。大会当日、対戦相手は宿敵相沢高校。藤田、真弓が敗れたが岸本、かおるが勝ち、元橋に期待がかかる。しかし、彼はケガが重く戦える状況ではなかった。悔しいけど棄権するしかないと思ったとき、良心の呵責に耐えかねた伊藤が代役をかって出て、見事優勝を果たした。再びサイパンから呼び出しのかかった弘二。成田空港には剣道部員ほか改心した教頭や教師仲間も見送りに来ていた。かおるから渡される2通のパスポート。そこには吉川操が待っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1987年
製作国 日本
配給 「おれは男だ!完結編」を製作する会
上映時間 102
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する