閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「蟻の街のマリア」(1958)

50点50
“蟻の街“と呼ばれる浅草近くのバタヤ街に、何不自由なく育った娘が“何でもする“と自治組織に飛び込んでくる。熱心なカトリック教徒の彼女を、初めはただの気まぐれと見ていた街の者も、やがてマリアと呼び愛し始める……。当時のマスコミをにぎわせた実話を基に映画化した、感動の一編。

あらすじ

昭和二十五年、浅草の近く隅田川・言問橋のそばのバタヤ集落、蟻の街に一人の可愛いお嬢さんが訪れてきた。「何か私にすることない?私なんでもやるわ」……バタヤたちの好奇と不審な目が光った。彼女の名は北原怜子−−農学博士の父と優しい母をもつ健康な家庭の娘で、マリアの洗礼名をもつカトリック信者だが、この不幸な人々の集団を知って救いの手を差しのべようとやってきたのだった。蟻の街には立派な自治組織ができていた。会長を中心にバクチ打ちの五三と彼の女房、元大佐、オンリー上りなど、いずれも変った人間がよくまとまって将来に備え天引貯金さえしていた。これらの人々の結束を固め、指導しているのが先生と呼ばれる松木だったが、彼は飛込んできた怜子を利用し盛大なクリスマスを蟻の街で催し、毎朝新聞に取上げてもらおうと計画した。蟻の街は都庁から追立てを喰っていた。それをはねかえすにはジャーナリズムを先頭にした世論の同情が必要だったからだ。こうして怜子は、たとえ利用される小道具にもせよ、蟻の街の仲間入りができた。バタヤ集落を巡回しているゼノ神父とも知り合った。クリスマスは大盛況で先生の思い通りの成功をおさめた。怜子は集落の子どもたちに勉強を教えるようになった。夏休みになったころ、怜子は海へも山へも行けぬ子どもたちを箱根に連れて行ってやりたいと思い立ち、その資金集めにバタヤ車の梶棒を握った。彼女の真剣な姿を見て、今まで、お嬢さんの気まぐれと思っていた先生たちも、すっかり打たれた。箱根行きは実現し、やがて怜子、ゼノ神父、住民たちの協力で教会もできた。怜子のことを新聞で知ったというモンテンルパの死刑囚からの涙の手紙が、一層彼女に自信を与えた。怜子は、大人たちを説き伏せ、子どもたちの協力で、より不幸な人たちへの共同募金のために再び寒空をバタヤ車の梶棒を握った。が、過労は、間もなく彼女の胸を蝕んでいった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 歌舞伎座映画
上映時間 109
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する