閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「或る夜ふたたび」(1956)

0点--
椎名鱗三の短編『妻の失踪』を基に長谷部慶次が脚本を書き、五所平之助が演出した作品。失業した夫の代わりに働く妻が生活苦のために堕胎し、怒った夫も最後には理解するという物語で、同監督の「煙突の見える場所」を彷彿とさせる。
製作年 1956年
製作国 日本
配給 歌舞伎座映画
上映時間 99
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する