閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「アチャコ青春手帖 第4話」(1953)

0点--
人のいいタクシー運転手が、次々と騒動に巻き込まれるという“アチャコ青春手帖“もの第4話「めでたく結婚の巻」。1952年、ラジオ・ドラマ「アチャコ青春手帖」が大ヒット。これにあやかって映画化された1本である。トニー谷のソロバン芸など、芸人たちの多彩な顔ぶれが見もの。

あらすじ

タクシーの運転手になったアチャコは、ある夜、自殺未遂のよし江を救って我が家に引取って世話するうち、彼女に想いを寄せるようになる。これを知って腹を立てたのは、日頃彼に好意を持つ食堂の娘孝子である。彼女は同じ運転手の吉川と仲よくして、アチャコにあてつける。次の日、彼は更に流行歌手志望の田舎娘おたねと孤児の金太少年を家へつれて来る。母親のおもとも呆れたが優しく世話してやった。次の朝おたねは母親のへソクリを盗んで逃出したが、アチャコはその晩叉もや車内に置き忘れた赤ん坊をつれて来た。偶然に赤ん坊は会社の監督谷の子供だったので、成績不良できられかけていた彼の首も無事だった。社の祝賀会で社長堀内はおもとの顔を見て驚いた。社長は昔おもとの亡夫に恩を受けた人であった。これでアチャコの生活の条件はかたまったわけである。よし江は孝子の為に身を引いて前に働いていたナイトクラブ黒猫へ再び勤めた。彼女は恋人英男が急に姿を消したので、捨てられたと思い自殺を企てたのだが、英男は黒猫の経営者中野の為に海岸の倉庫に監禁されていた。密輸団の首領である中野は国外逃亡の旅費を得るため堀内に新車を世話するといって手金の横領を計る。それをアチャコが立聞きしたので彼も同じ倉庫に監禁されたが、孝子を初め、更生して靴磨きになったおたねや同僚の大活躍で救出され、アチャコは孝子とめでたく結婚した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1953年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 92
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する