閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「赤城の血煙・国定忠治」(1957)

0点--
おなじみの国定忠治を高田浩吉が演じた時代劇。兄弟分からの知らせで甲州路を急ぐ忠治。すでに殺されていた兄弟分の仇を討った忠治は、上州の凶作につけこんで米を買い占めようとする悪徳商人のたくらみを知る。一味にとらわれた娘を救い出した忠治は赤城の山へ向かう。

あらすじ

上州国定村の忠治は兄弟分の府中の万太郎から知らせを受けて、甲州路を急いでいたが、道中師定市に手紙も胴巻も盗まれてしまった。その彼に、通り合せた晃円と自称する生ぐさ坊主は意外にも、万太郎は殺された、と告げた。万太郎は親分藤吉が島送りになっている間、代貸として一家を守っていたのだが、戻ってきた藤吉は顔になった万太郎を恨んで兄弟分の田中屋と計って殺したのだった。藤吉はその上、女房のお次を囲い、妹のお光を定市に拐かさせていた。忠治は藤吉の家へ三ン下になって住み込み、藤吉の万太郎殺しを聞き出すと藤吉を討った。藤吉には柳橋で芸者になっている小花という養女がいたが、小花は父のなき後まで何かと面倒をみてくれる忠治を、唯の三ン下と思えず秘かに心を寄せていた。お光の行方を探っていた忠治は、定市が高崎で捕えられたと聞き高崎に飛んだ。晃円のとりなしでお光の行方を聞こうとしたが、定市は田中屋とぐるの八州取締り出役の関に刺され、お光は江戸と答えて息絶えた。忠治は江戸へ出た。一方田中屋と関は、柳橋に戻った小花に、忠治は藤吉と定市殺しの罪人だと語った。小花は忠治が藤吉を殺したと明言するのを聞いて斬りつけたが、父の正体を知らされては討つことはできなかった。そしてお光は貸元小長の許に閉じ込められ、米商人の相模屋の妾になれと強いられていることを教えた。忠治は、万太郎の手紙にあった大事とは、上州の凶作につけこんで米の買占めをやっている相模屋や藤吉などの悪企みのことだと知った。道中師定市は悪事を知って一味の関に殺されたのだった。捕手に囲まれた相模屋に乗り込むと、お光は関の手籠めに合おうとしている。彼女を助け出した忠治は関と相模屋、田中屋を叩斬って赤城の山に立てこもる決意をした。−−赤城に向う忠治、お光、晃円、文字春の一行を小花は涙で送るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 100
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する