閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「青葉学園物語」(1981)

0点--
敗戦後の戦災孤児収容施設・青葉学園を舞台に、身寄りをなくした子どもたちが、貧しい境遇や厳しい条件にめげず、人間としてたくましく生きていく姿を描いた吉本直志郎のベストセラーの映画化。大澤監督がすぐれた演出力で子供たちをいきいきと描く。

あらすじ

戦争で身寄りをなくした六十人の子供たちが生活する「青葉学園」。“なつめ寮”のメンバーのうち、ガキ大将の和彦をリーダーに、ボータン、清、まこと、タダシの五人の小学生は、今日も川魚捕りに懸命だった。夏休みに入って、“なつめ寮”に幸子と真治という姉弟の新入園児がやってきた。学園内では、自分たちで飼っている豚を売って、そのお金で何を買おうかという話題で持ちきりだった。和彦たちは野球道具を買ってもらおうと作戦を練るが、女子たちの反対にあい、こうなったら自分たちの手で稼いで野球道具を買おうと、「したむき会社」を作る。毎日下を向いて歩き回り、鉄屑や古釘を拾い集めて利益をあげようというわけだ。そんなある日、寮生の進を訪ねて母親のよし江がやってきた。だが進は、四年前に病気の父と自分を残して家を出た母を恨み、会おうとしなかった。そんな進に、同じ六年生の幸子は、白血病で療養している自分の母のことを話す。夏休みも終わりに近いある日、和彦たちは貯まったお金でごちそうを食べようと、街へ繰り出した。ひょんなことから薄汚いバラック建てのうどん屋に入り込んだ和彦たちは、そこで戦争で息子や孫をなくした老夫婦と出会う。老夫婦の身の上話を聞いて同情した彼らは、有り金を残らず置いてきてしまう。「ええことをしたのう、和彦ちゃん!」と、ボータンは喜ぶのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1981年
製作国 日本
配給 映像企画
上映時間 100
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する