閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「![ai-ou]」(1991)

0点--
秋元康が企画を手掛けたオフビートな犯罪ドラマ。ヤクザの下請けで生計を立てる不良中年・修次。ある日、ひょんなことから出会った元銀行マン・圭介とアウトサイダー・元と組み、一獲千金を狙ってヤバイ橋を渡るが……。彼らのマドンナ役で岡部まりが映画初出演。

あらすじ

修次はヤクザが請け負った借金取り立ての下請けを生業としている35歳の中年チンピラ。圭介は一流大卒のエリート銀行マンだったが、銀行の金を使い込み、サラ金に手を出しドロップアウト。元はどんな権威にも権力にも屈しないアウトサイダー。そんな三人がひょんなことから知り合い、ヤクザの親分・川本のすすめで、仕方なく手を組むことになった。ところが仕事はといえばコンサートチケットのダフ屋とか地上げ屋の手伝い、あげくの果てはカプセル薬を売り歩く売人といったセコイ商売ばかり。だが、修次には中古のセスナ機を住み家としている倉庫に納め、いつかこの手で大空を飛んでみたいという熱い夢があり、そのパイロット免許を取るために英会話学校に通い、講師のかすみにほのかな想いを寄せていた。最初は冷めた態度の彼女も次第に三人に好意を寄せて行く。そんなある日、病院で偶然多量のカプセル薬を目にした圭介はこれを直接仕入れてヤクザから手を引こうと修次にもちかける。そして厚生省の係官を装って様々な病院からカプセル薬を奪取して売り歩く三人。だが、それによってメンツをつぶされた川本はジリジリと三人を追い詰めて行く。こうして川本組と対立することになった三人は銃弾にまみれながらセスナ機に乗って逃亡を図るが元と圭介は撃たれてしまい、それと同時に三人を乗せたセスナ機は飛び始めるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1991年
製作国 日本
配給 スタッフシーカ=フットワークプロダクション
上映時間 108
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する