閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「朧夜の女」(1936)

0点--
東京の下町に生まれ育った名匠・五所平之助監督が、自分の身のまわりにいた典型的な下町の人ーをモデルにして下町情緒を再現した作品。脚本は小津作品で知られる池田忠雄で、そのセリフのうまさは絶品。洗い張り屋のおかみを演じる飯田蝶子も良い味を出している。
製作年 1936年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 111
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する