閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「逢魔が辻の決闘」(1951)

0点--
東照宮より拝領した短刀を紛失したため、取り潰しとなった金森藩の浪人たちは、将軍の代参で上洛する竹姫に再興を直訴。竹姫は、京滞在中の間に、初姫と短刀を持ってくれば願いを叶えるというが……。大河内の役は浪人たちを助ける青江隼人。岡譲二演じる槍の名手、大泉夕雲斎が隼人に斬られて“こんなはずではなかったわい“と言う場面では、公開当時笑いが起こったとか。

あらすじ

東照宮より拝領の雲龍丸という短刀を紛失したため取りつぶしになった金森藩の遺臣小出主馬たちは初姫を擁して、折から京都知恩院へ将軍の代参で上洛の竹姫にお家再興のことを直訴に及んだ。竹姫は京都滞在の七日間に雲龍丸と共に初姫を二條城へ連れてくれば取計らおうと約束する。老中松平美濃守は、金森藩の所領を預って私服をこやしていたので、娘婿の京都所司代米倉甲斐守と計って金森家再興の邪魔をすべく、主馬たちを襲ったが、浪人青江隼人の出現で失敗した。女間諜お龍は甲斐守に使われて隼人を篭落しようとして失敗、その翌日初姫、主馬たちをおびき出して雲龍丸だけ奪い取るのに成功した。隼人は初姫を殺生禁断の一乗院へ案内、保護を頼んだが、お龍は短銃を持ってしのび込み、初姫を撃とうとしたが姫の純真さに撃てなかった。竹姫が江戸へ帰る日が来た。美濃守等は槍の達人夕雲齋に一乗院を襲わし、主馬たちは初姫を守って逢魔が辻まで落ちのびた。悪人達の兇刃に倒れようとした初姫を救ったのはお龍の短銃であった。しかしお龍は悪人共のために切りすてられた。ようやく駆けつけた隼人の働きによって、初姫たちは無事に救い出され、江戸へ向う竹姫の行列を追って行くのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1951年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 72
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する