閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「御存じ快傑黒頭巾 新選組追撃」(1955)

0点--
大阪を中心とする薩長の倒幕軍用金調達運動を妨害するため、幕府は新選組を大阪に送り込む。新選組は、何度も軍用金奪取に失敗。その裏には、曲芸美津次一座に潜り込み、新選組の動向を探っていた黒頭巾の活躍があった……。ニセ黒頭巾の乱行による仇討ち騒動が、サブ・ストーリーとして絡む。

あらすじ

幕末の大阪を中心にする薩長の倒幕軍用金調達運動を妨害しようと幕府方は新選組を大阪に迎えた。近藤、土方の新選組精鋭はある日軍用金搬送の志士達を襲ったが軍用金の中味は石燈籠であった。この奇略の主は黒頭巾であった。曲芸美津次一座の林珍々は短銃曲射の名手であったが楽屋に戻って扮装をとれば杢助という曰くありげな男であった。座長の美津次と一座の小染は杢助を中に恋の鞘当をしていた。ある夜天満の分限者吉兵衛の家に黒頭巾を名乗る五人組が乱入しそこに藩用金調達の為に来ていた郡山藩妻木靭負を吉兵衛諸共斬殺した。かけつけた靭負の一子で新選組隊士半四郎は吉兵衛の娘お照を励まし復讐を誓った。西郷隆盛は鴻池から京へ幕府方の警戒を破って運ぶ軍用金の搬送方を黒頭巾に頼んだ。密偵により之を知った近藤等もすでに出発した山伏一行を追った。一行に黒頭巾あるを知った半四郎も同じく後を追った。しかし奇襲した山伏一行から新選組の奪った軍用金の中味は鉛のかたまりにすぎなかった。一行を陰に陽に守るのは変幻自在の黒頭巾であった。美津次一座も一行に前後して京への道を急いでいた。林珍々の行動に不審を抱いた新選組は美津次を責め一座の荷物中に隠された軍用金を見つけた。それを奪って大阪に向う近藤等を黒頭巾が追った。乱斗の末軍用金は黒頭巾の手に戻った。半四郎は黒頭巾の助力で五人組を討ち取ることが出来た。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 83
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する