閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「快傑黒頭巾〈1953年〉」(1953)

0点--
幕末の江戸を舞台に江戸城内抜穴に関する暗号図をめぐって、倒幕派の黒頭巾とこれを追う浪人目付・青江下野、新選組らが血みどろの争奪戦を展開する。

あらすじ

幕末の江戸ではキリシタン牢に捕えられている山鹿士行のみが謎を知るという、江戸城抜穴に関する暗号図を廻って、倒幕派の黒頭巾とこれを追う浪士目付青江下野、新徴組等が血みどろの争をしていた。天文長屋に住む軽業芸人の三葉、珠三郎の姉弟は実は山鹿士行の子供で、死ぬ間際まで軽業の親方に身を隠していた勤皇の士大槻東橘より件の暗号図を預ったため、岡っ引きの赤鬼の彌太五郎と子分三太に狙われていた。が、その度に影の如く附き添う黒頭巾に救われた。三葉は長屋のヘボ易者天命堂の進言で青江の邸に上った。青江は三葉を囮に珠三郎をおびき寄せようとするのだ。しかしこの企てもいち早く黒頭巾に知られ失敗に帰した。一方、三葉は青江と新徴組の清川の密議に耳を立てている所を発見され折檻に会うが、現れた黒頭巾は煙幕を張って三葉を救い、新徴組の屯所に捕えられたお富、珠三郎をも救って川中へ逃れる。三葉の報告で士行がさそり館に移された事を知った黒頭巾は、お富にあずけてあった暗号図の謎を解き、珠三郎と共に抜穴から城中に忍び込む。途中赤鬼一味に尾行されているのに気づいた黒頭巾は、火薬で地下道を粉砕し追跡を断つ。たまたまさそり館で青江下野とゆき合い、二人は白刃を以て対決するが、黒頭巾の鮮かな太刀さばきに青江は自ら毒蟲の群の中に転落した。この時駈けつけた新徴組が一斉に打ってかかり乱闘となった。黒頭巾は地雷火を放ち、敵の一隊はさそり館と共に壊滅した。総てが落着し、父山鹿士行と涙の対面をする珠三郎姉弟の前に黒頭巾は頭巾を脱いだ。おゝその顔は、長屋の易者天命堂であり、そして彼こそ姉弟の実の兄だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1953年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 91
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する