閉じるボタン

「女嫌い」(1964)

0点--
城戸四郎松竹社長の企画による、大船調喜劇3部作の「落第生とお嬢さん」に続く第2作。原作の赤穂春雄とは城戸本人の筆名である。結婚生活35年の謹厳実直な初老の男が、ふとしたことから若い娘に浮気の虫を起こし一緒に旅行するが、娘にはヤクザがついていて一騒動となる。

あらすじ

製鋼会社の専務原と、料亭経営に失敗して今は無職の大口は、昔からの親友だ。原には、浅間山の地震測候所に勤める堅物の信一という息子がいるが、母親正子のすすめも効なく、女性には興味がもてない。が、大口の娘自動車セールスマンの則子は幼馴染の信一を愛していた。三十何年間堅物で通した原は、ふと浮気の虫を起した。そこえ以前会社の庶務課に勤め、今は新宿のバーへ勤める渡辺ルミに会った。京都出張に同伴した彼は、思いがけず京都でルミのヒモと称するパラシュートの健に脅かされ、あわてた原は大口や長女啓子の夫前川の助けを借りてきりぬけたが、前川の下宿を訪れたルミのために、啓子が実家へ泣いて帰ったことから、正子に事件の全てを知られてしまった。大口は私に責任ありといったものの、正子に対して信用まるつぶれ、則子の気持を知ってるだけに人のいい大口もまいった。今度は大口にすがりつかれた原は、ついに正子の前に手をついてすべてを告白した。驚いた正子だが、夫のようすをみていると憎む気持になれず夫を許した。そして、信一も則子と幸せな恋愛に入っていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 95
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する