閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「大空の無法者」(1960)

0点--
とある小さな島の航空会社に腰を落ち着けることになった佐竹吾郎。だがこの航空会社には謎が多く、ある日社長に連れられて島を飛び立つと、なんと海上の貨物船から麻薬の入った木箱を吊り上げていた。吾郎はその様子を無線機で連絡、しかしそれが傍受され、保安官という彼の正体がバレてしまう。スリリングかつ軽快に展開するサスペンス・アクション。

あらすじ

連絡船が、小さな島のさびれた漁港に横づけされた。吾郎はこの島にある南邦航空から中古飛行機を安く買入れ、魚群探索をやろうと北海道からやってきたのだ。が、ブローカーの青木に内金を持ち逃げされてしまい、仕方なく社長大場のすすめで南邦航空に腰を落着けることにした。吾郎は紅蘭亭の二階に宿をとったが、そこで連絡船で会った美奈子と再び顔を合わせた。美奈子の兄都築は南邦航空のパイロットだったが、一ヵ月前から行方不明なのだという。ある夜、大場が美奈子を手ごめにしようとした。吾郎が美奈子をかばって大場に挑戦した。と、二人の真中に銛が打ちこまれた。大場にまとわりつく女パイロットのかおるだった。夜明け、吾郎は大場に誘われ島を飛びたった。何の目的であるかは言わなかったが、そこに吾郎は南邦航空の謎があると直感した。途中、大場機がエンジン不調で墜落した。吾郎が大場の危機を救った。数日後、二人は再び島を飛びたった。吾郎は美奈子に手紙を托していた。しかし、その手紙は大場を訪れる陳という外国人に奪われてしまった。海上には貨物船が停泊していた。大場の目的は貨物船から木箱をつり上げることなのだ。吾郎は見事箱をつり上げた。箱の中味は麻薬だ。美奈子の兄はこの作業の犠牲者だった。吾郎の手は無電機のスイッチにのびた。島へ帰った吾郎を、陳一味が包囲した。陳は吾郎の無電を傍受し、彼の正体を知ったのだ。吾郎は保安官なのだ。と、大場の拳銃が陳一味に向って火を吐いた。大場は吾郎に返礼をしたのだ。大場はセスナー機へとび乗った。陳の弾が彼の脇腹を射ぬいた。機は大場とかおるを乗せて飛びたった。吾郎の哨戒機が後を追ったが、大場機は焔に包まれ落ちていった。絶命した大場を抱いたかおるが自ら火を放ったのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映東京
上映時間 88
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する