閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「桂小五郎と近藤勇 龍虎の決戦」(1957)

0点--
新選組のメンバーに焦点を当てた時代活劇。幕末は慶応2年。近藤勇率いる新選組が、倒幕を策す薩長の勤皇派を強圧する京洛の港。志士、桂小五郎は密談中の近藤勇一派を箱屋に化けて立ち聞き中、発見され今にも斬られようとするところを芸者に救われる。一方、新選組の隊士・吉松忠三郎が勤皇派の密偵であることがバレ、彼は拷問を受ける。知らせを受けた桂は救いに行くのだが……。

あらすじ

幕末は慶応二年、近藤勇率いる新撰組が、倒幕を策す薩長の勤皇派を強圧する京洛の巷。虚無僧に扮した志士桂小五郎は、二足草蛙をはく源兵衛のため借金のカタに連れ去られようとした娘お雪を救ってやったが、祇園の鳥居屋で密談中の近藤勇一派を箱屋に化けて立聞き中、発見され、今にも斬られようとした。彼の窮地を間抜け扱いして救ったのは芸者幾松。桂が仲間の待つ黒谷に急ぐ一方では、新撰組の隊士吉松忠三郎が勤皇派の密偵と目され拷問を受ける。悲嘆にくれるお雪。お雪の弟勘太は黒谷の隠れ家で密議する桂、坂本竜馬、中岡慎太郎らの許に急を知らせるが、後をツケた源兵衛の報で新撰組がなだれ込む。源兵衛にひったてられるお雪と勘太は桂に救われる。桂はさらに新撰組屯所へ赴き吉松を逃がすが近藤らに取り巻かれ、短銃を放って逃げ去る。密議の結果に従い、薩摩の西郷と連絡するため江戸に向う桂。知らせを受けた近藤勇は中仙道を固める。福島にいるという父直蔵を訪ねるお雪と勘太は新撰組に捕われるが、現われた桂と近藤の話し合いで釈放される。改心した直蔵は山奥の道案内を買って出たが新撰組に斬られる。山小屋に逃れた桂は小屋の爆破にも奇蹟的に一命を全うして抜穴から出るが、待ち受けた勇と一対一の勝負となる。そこへ西郷の密書を持参した薩摩の密使を案内して吉松が来る。「薩摩はまだ幕府の敵でない、その客となった桂は斬れぬ」という近藤勇は、桂と後日の決戦を約し、好敵手に別れを告げた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 70
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する