閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「家族輪舞曲」(1989)

0点--
発売当時、学生作家だった椎名桜子が自身の体験をもとに書いた同名のデビュー作を自ら脚本化、監督し、話題作となった作品。父親が次々と新しい恋人を作り、それが代わるがわる家族の一員となっていく特異な家庭に育つ二人の姉妹。今までにない家族構成のなか、彼女たちは大きく揺れ動きながらも新しい生活の風景をつむぎだしていく。

あらすじ

翠子は市立高校に通う17歳。両親は数年前に離婚し、現在は妹の雛子と共にママのマンションに住んでいた。会社の経営者として忙しく世界を飛び回っているパパには、これまでにも亜沙子や美加という多くの恋人がいた。翠子はその女性たちと何度か会っていたが、なんとなく惹かれるものがあった。時々翠子は家族四人で暮らしていたことを思い出し、センチメンタルな気分になったが、本当はそういう気分は嫌いだった。不眠症のママはよく書斎で明け方まで本を読んでいたが、そんな時に翠子や雛子が顔を出すといつも「邪魔しないで」と叱られたのだった。翠子はよく眠れなかった朝、街へ散歩に出かけたが、ある日修司という少年と出逢い、お互いに惹かれるものがあった。8月の終わり、翠子はパパに旅行へ誘われたが、行き先には新しい恋人の良恵と、パパと美加との間に産まれた義弟の俊一がいた。翠子は15歳の時、パパのベッドの中を心地よく感じたことを思い出した。その時はパパが早く帰ってくることがわかっていながら男の子を連れ込み、二人でパパのベッドにいたのだった。そして今、翠子は再びパパのベッドしか自分の居るべき場所がないことを悟ったのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 日本
配給 ユピテル・コミュニケーションズ・インターナショナル
上映時間 99
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する