閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「うぐひす侍」(1939)

0点--
「春秋一刀流」でデビューし、絶賛を浴びた丸根賛太郎の第2作。主演は前作に引き続き片岡千恵蔵で、これは当時の新人監督としては破格の待遇であった。青葉藩御台所のミソ用人の由解新八郎はうぐいす捕りの内職で糊口をしのぐ軽輩者。うぐいすを通じて知り合った百姓の子供たちから農民の窮状を聞いた新八郎は、彼らの力になることを決意する。後半は困窮に追いやった悪家老退治で面白味に欠けるが、前半のうぐいすを使って娘に恋文を届ける、といったメルヘン調ともいうべき展開が新鮮。リズミカルな場面転換やキザな台詞、加えて凝った字幕を多用する才気抜群の映画青年・丸根賛太郎の演出ぶりが鮮やかである。
製作年 1939年
製作国 日本
配給 日活京都
上映時間 74
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する