閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「鴬」(1938)

0点--
原作は『警察日記』で知られる伊藤永之介の同名小説で、ここでもやはり田舎の警察署が舞台となっている。演出には豊田四郎があたっており、警察署内で起こる村人たちと署員のユーモラスなやりとりを、限定された空間の中だけで描くという室内劇的ともいえる手法で、見ごたえのある佳作に仕立て上げている。東北のある田舎町の警察署に、老女が昔、曲馬団に売ってしまった養女の捜索願いを出しにくる。署には狂言泥棒の娘や鶏泥棒をした男、もぐりの産婆などが調べを受けている。老女は業を煮やして祈祷師の所へ。翌日、署に陣痛に苦しむ女が運ばれてくるが、この女こそが老女の捜していた養女だった。
製作年 1938年
製作国 日本
配給 東京発声
上映時間 72
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する