閉じるボタン

「大岡政談 幽霊八十八夜」(1958)

0点--
大友柳太朗が一人三役を演じる痛快時代劇。怪盗団・蝙蝠組を親の仇と狙う、手踊り一座の美人短剣打ち、小糸。だが彼女が殺す前に、蝙蝠組一味は、次々に怪死を遂げる。その裏には、彼らが隠した金をめぐる内紛があるらしい。小糸は、この争いに謎の浪人、的場陣十郎とともに巻き込まれる。

あらすじ

−−江戸の夏の夜。小糸は黒覆面の一味に襲われたが、十六夜右近と名乗る白装束白頭巾の剣士に救われた。小糸は娘手踊り一座の美人短剣打ちだ。もとは甲府の豪商相模屋の一人娘。父は三年前、甲府城代の拷問のために死んだ。城代の御金蔵が怪盗団・蝙蝠組に破られ、三千両が盗まれたが、その疑いをかけられたのだ。小糸は手代の源次と江戸に出、金の行方を探し、復讐の機会を狙っていた。が、仇の一味の伊勢屋甚兵衛・酒屋万助・医者良庵らは次次と何者かに殺されて行く。半日ばかりの間に。しかも、良庵の死体のそばには、小糸が舞台で使う短剣が残されてあった。疑わしい人々には、蝙蝠組の残党たちがいた。今は質商森田屋清蔵のまむしの権次、浪人伝九郎、ひさごの女主人お島ら。かれらはお互いを疑いあっていた。殺しが彼らの一人の仕業と思わす手紙が、めいめいに届いていたのだ。−−医者良庵の住んでいた長屋には、一年前から幽霊が出、長屋の人々をおびやかしていた。的場陣十郎という浪人者もそこに住んでいた。彼はそば屋の吉兵衛親娘や、お島らと知り合いだ。−−にやりの仙太親分が乾分留吉を連れて事件の究明に乗り出した。怪事件は続く。小糸の舞台に鏡が落ちてきたり、陣十郎が人斬り蛇の目の三十郎一味に襲われたり……。清蔵と伝九郎は何かで対立している。与力相良欣三郎も事件に乗り出してきた。この間を謎の鬼面が出没する。清蔵はお島と共に伝九郎を倒し、蓮池に沈めてあった千両箱を奪った。開けると中は石ころばかり。例の鬼面が現れ、あざ笑った。それは元の仲間の袈裟三という男であり、すべては彼の仕組んだことだった。清蔵もお島も殺された。陣十郎が救い現れ、彼を追った。袈裟三とは長屋の吉兵衛だった。陣十郎も又の名を右近、すなわち与力欣三郎だった。三十郎一味が襲いかかった。彦兵衛は娘のことを右近に頼むと、自殺した。−−小糸は源次と共に右近に礼を言うと、甲州へ向って旅立った。長屋も平おんに帰った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 88
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する