閉じるボタン

「宇宙貨物船レムナント6」(1996)

0点--
事故に遭った宇宙船乗組員たちの、決死の脱出劇を描いたSFアクション。西暦2046年、火星から地球への帰還中の宇宙貨物船レムナント6に小惑星が激突し、大事故が発生した。その場には宇野航海士、システムオペレーターの西明日香、火星ドーム生まれで9歳の祥太、地球に移送される自衛官の後藤、その監督任務の滝沢と新人の井上の6名の乗組員が居合わせた。井上は事故に巻き込まれるが、残りの5人は本体部に脱出。そこで重力の異常に気づいた明日香はコンピューターにアクセスするが……。総合監修に押井守、レムナントのデザインはSFメカデザインの第一人者の河森正治が務めるなど、日本の特撮・アニメ界の精鋭が集結し、2年に及ぶSF考証を行ってリアルな近未来を再現。宇宙船に当たる太陽光の角度、隕石衝突による破片の動きなど、細部のディテールにまでこだわったCGは見事。

あらすじ

AD2046年、宇宙貨物船レムナント6は、物資と乗員10名を乗せて火星から地球へ向かっていた。ところが、その途中で、小惑星が衝突して船体が大きく破損する事故が発生した。この時、船の第一居住区にいた宇野航海士、システムオペレイターの西、火星生まれの少年・祥太、命令違反で身柄を拘束されている自衛官・後藤、そして後藤の護送任務にあたっていた滝沢と井上の6名は、居住区の酸素漏れから逃れつつ被害状況を調べようとするが、コンピューターが故障しており、正確な情報をつかむことができずエレベーター・ホールに立ち往生してしまう。そうこうするうち、事故や勝手な行動によって被害者が出始めた。船は操縦不能のまま軌道を失って暴走を開始、生き残った後藤と西、祥太の3人は、後藤のアイデアで居住区の回転を限界まで上げ、船体から切り放す方法に命を賭けることにする。後藤の活躍でピンチをくぐり抜けた3人は、見事脱出に成功した 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 バンダイビジュアル=WOWOW
上映時間 45
カテゴリ SF
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る