閉じるボタン

「歌姫魔界をゆく」(1980)

0点--
16ミリのデビュー作「喜談・南海變化玉」で一部ファンの熱狂的な支持を得たカルト・ムービー作家、長嶺高文の第2作。二人の歌姫ミッキーとドナルド、そして彼女らのマネージャーは魔界に迷い込んでしまう。彼女らを待ち受けるのは人喰い魔女や巨大怪獣たち。しかし実は歌姫らもそれぞれ吸血鬼の子孫であり、オオカミ男の末裔だった。歌姫一行と魔女たちの追いつ追われつの死闘が始まる……。キッチュでけばけばしいセットのなかでのスラップスティックなドタバタアクションも発表当時は一般にはまったく無視されたが、物語よりキャラクターを重視したこの怪作、一見の価値あり。

あらすじ

アイドルスターをめざす2人の少女は、キャンペーン旅行の途中、魔界に迷い込んでしまう。一夜の宿を捜すうち、湖のほとりにある屋敷を見つける。そこには、人を食べることを最高の道楽とする女主人と、人間をやつ裂きにすることを快感とする召し使いが、彼女たちを待ちうけていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1980年
製作国 日本
配給 パノラマフィルム
上映時間 63
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する