閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「江戸いろは祭」(1953)

0点--
町火消しの粋なまとい持ち“め“組の半次を中心に、神明の鉄火芸者、御家人ヤクザ、悪旗本、力士などが入り乱れてドラマが展開するにぎやかな娯楽時代劇。二川文太郎、伊藤大輔などに師事した職人監督・内出好吉が手際よくさばいている。

あらすじ

旗本赤羽根多仲は若い頃酒に身をもちくずして妻と一子半次を置き去りにして旅へ出た。四国路で人を斬ったが、その後江戸に帰り身持ちを改めた。半次のことが気にかかり預けた乳母お兼を探し当てて見ると、彼はめ組の辰五郎の子分になり立派な若者に成長していた。初詣の芝神明境内で足を踏んだ踏まれたのいざこざから半次は芸者小稲、悪家人御家徳、力士鳴門等と知り合った。半次は鳴門と意気投合兄弟の契りを結んだが、鳴門の父こそ多仲に殺された男で、鳴門はその時の父の仇を探し求めている。或る時彼は料亭で半次と多仲の親子の対面をかい間見て、多仲を父の仇と知ったが、半次との間柄を思い悲しく仇討の望みを捨てた。半次が旗本の屋敷へ引取られると彼と永い間恋仲の按摩の娘おちせも身分の違いから彼をあきらめなければならなかった。半次をかえしてくれと多仲に頼まれた辰五郎はおちせに半次への愛想ずかしの狂言をうたせた。赤羽根多仲の実弟主膳は半次が帰れば三千石の家督は自分の方へころげ込まぬと悟り、御家徳を使っておちせの名をかたり二人を自分の住む銀杏屋敷へおびき寄せ、地下牢へ押し込めた。しかし半次に想いを寄せる小稲の注進で辰五郎と改心した御家徳の手で二人は無事救い出された。主膳は更に悪計をめぐらし、め組の一党と鳴門の親分雷電部屋の者たちを芝神明の境内でかみ合せ、血の雨を降らせようとするが、あわやという時かけつけた小稲と御家徳との真相告白で初春の陽ざしの下にすべては氷解し、雷電、辰五郎、半次、おちせなどそろつてなごやかな手打となった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1953年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 95
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する