閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「エノケンの爆弾児」(1941)

0点--
「エノケンの……」という題名でおなじみの“エノケン“ものの戦前における最後の作品。監督は「エノケンの猿飛佐助」(1938)以来3年ぶりにコンビを組む岡田敬。エノケンはこの作品でも例によって一人三役をこなしている。田舎から東京の呉服店に丁稚奉公に出て来た健吉は、決して腹を立ててはならぬという父の遺言を守り、どんなにいじめられても我慢を続ける。それに加えてこの店の御隠居は極端な迷信家ときている。その御隠居の選んだ日に一家総出のハイキングとなったが、大嵐となりあわや遭難というところを健吉が救う。これで健吉は御隠居に気に入られ番頭に昇進、娘の百合子と結ばれる。
製作年 1941年
製作国 日本
配給 東宝東京
上映時間 70
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する