閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「二等兵物語・死んだら神様の巻」(1958)

60点60
シリーズ第5作にして初のカラー作品。昭和18年、理髪師・古山源吉と柳一太郎は山根中隊に招集をうける。過酷な訓練が続くなか、二人は隊長らが御用商人と通じて軍の物資を横流ししている事実をつかむ。松竹が誇る肉体派女優・泉京子が出演。

あらすじ

昭和十八年、理髪師古山源吉とタイコモチ柳一太郎は、朝鮮人の金山、高利貸の大久保、サラリーマンの今井、チビの大工西村、漁師の井上、ドサ回りの役者松村等と、山根中隊に召集をうけた。この隊は三カ月の教育で、外地へ出る予定だった。要領の悪い古山と柳は、入隊早々炊事係上等兵小川に背中を流させ、それがもとで教育係藤田上等兵からマークされる。それに反し山根中隊長の妾の弟坪内や、ごますりの今井は何かにつけて優遇されている。苛酷な訓練の日々、金山は汲取りにかこつけて営内に入った娘のちか子と会うが、危険思想の持主とマークされる彼は、折角子供のもって来た魔除け人形も没収される始末。しかし、威張る藤田上等兵、難波班長も南方帰りの佐々木上等兵には頭が上らない。二等兵一同も上等兵から戦場の恐怖を知らされて青くなる。大演習の日、点数かせぎの班長は、古山をわざと倒れさせ、「自分は死んでも行軍を続けます」と芝居させる。一度は副官にほめられたものの、正直な彼はすべてを告白、副官はその真情に感心して自分の頭を刈ってくれと頼む。そのうち、古山と柳は隊長や野見山准尉が、御用商人飯田と結託して、軍の物資を横流ししている事実をつかんだ。隊長は二人に、だまっていればお前達を内地残留にしてやると言う。返事をしぶる二人に怒った隊長は、この秘密をバラした者こそ金山であると思いこみ、彼を呼び出して猛訓練を命令、遂に彼を殺してしまう。怒った佐々木上等兵は、一切を副官に報告した。かくて山根中隊長、野見山准尉は軍法会議にかかり、藤田、難波は二等兵に降等、不正と私情をはさんだ外地要員名簿は訂正される。古山と柳は内地勤務を命じられるが、死んだ金山の分まで外地で働きたいと、祖国日本を後にする。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 100
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する