閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「二等兵物語・万事要領の巻」(1959)

0点--
昭和20年の早春、南方派遣の途中で輸送船が沈没。古山と柳の両二等兵は、漂流中を渋川隊の飛行機に助けられる。二人は上官にワイロをつかませ航空基地に潜り込む。古山は航空熱にうかされ、飛行学校を受験するが……。

あらすじ

昭和二十年の早春。古山・柳の両二等兵は、南方派遣の途中で輸送船が沈没、漂流中を渋川隊の飛行機に助けられた。二人は物資豊富な基地を見て航空兵に魅せられ、万事は要領と烏山大尉にワイロをつかませ、古山は整備員に、柳は無線工手に転属した。さて、柳は基地の近くにすむお春を知り、ともに大阪人のよしみで親しくなった。古山はお春の娘のみどりに一目ぼれしてしまった。お春に飛行学校在学中の加島という恋人があることも知らずに。突然の空襲−−古山が機内で整備中とも知らずに、機は飛び立った。操縦者は死に、機はキリモミ状態で落ちたが、古山は基地からの無線による指図通りに操縦し、無事着陸した。古山はそれ以来航空熱にうかされ、飛行学校を受験したがタンクに入れられた途端目を廻して落第。その上みどりに恋人があることを知ってガックリした。−−沖縄方面に敵機動部隊との報に特攻隊は出撃した。だが加島は途中で不時着し、巡視艇に救われて帰って来た。加島が空母を撃沈したと報告した隊長は、嘘がバレては大変と、彼を憲兵隊へ渡した。そして、加島は病院に軟禁された。古山は加島をみどりに会わせてやろうと奇計を用いて脱走させた。が、たちまち二人はみつかった。加島と、彼に同情した吉田少尉は特攻出撃を命じられた。翌朝、二機は進発を始めたが、加島機は間もなくパンク、一機だけで飛び立った。古山と柳が釘をしかけたのである。そして、飛んだ飛行機には古山が乗っていた。無線と拡声機をつながせた古山は、上空から悪事を暴露、烏山と渋川に急降下の反復攻撃を−−。古山機は、やがて南の空に消えていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 100
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する