閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ハーレム・バレンタイン・デイ」(1982)

0点--
長谷川和彦を中心にフリーの監督9人が結成したディレクターズ・カンパニーの旗上げ製作によるピンク3本立ての1本。近未来を舞台にしたトリップ感覚に満ちたバイオレンス・ポルノで、永遠の不良少年・泉谷しげるが監督・脚本・音楽の3役を兼ねた。

あらすじ

中ソ戦争勃発後の架空都市。戦争から戻ったイシは、かつての恋人、麗子を死にもの狂いで捜していた。しかし、麗子は麗花と名を改め、謎の男アルファの経営する亜細亜娼婦館“チャイナストール”の高級娼婦となっていた。いくつもの妄想と幻想を乗り越えて麗子に近づくイシ。毎夜、変形した性欲の虜となった男たちの相手をする麗子。やがて二人は出会い、アヘンの煙たち込める“チャイナストール”は、血と火薬の修羅場と化してゆく……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1982年
製作国 日本
配給 ディレクターズ・カンパニー
上映時間 50
カテゴリ バイオレンス
チケット 前売りチケットを購入する