閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「情無用の罠」(1961)

0点--
ある工事現場で橋本という名前の女が殺される。女が持っていた玩具の指紋から二宮三郎が逮捕されたが、彼にはアリバイがあった。三郎は、自分を罠に落とした者を探し始めるが……。田中邦衛はこの映画の殺し屋役で注目され、以後東宝の名脇役になっていく。

あらすじ

ある工事現場の片隅に若い女が殺されていた。コートの裏には橋本というネームが書かれてあり、手には玩具のダンプトラックを握っていた。井崎刑事はダンプトラックについていた指紋から前科者二宮三郎を連行した。だが二宮にはアリバイがあった。二宮は惚れた女とホテルにいたと主張するが、ダンプトラックをみて愕然とした。彼が女にやったものだったからだ。しかし死体置場でみた女の顔は昨夜の女とは違っていた。女は死体引取人もなく本籍もデタラメ、溝江捜査課長はその背後関係には何かあると狙んだ。二宮は仮釈放された。無実の罪の嫌疑をうけてヤケを起す二宮を森島土建の親方森島は優しく慰めた。二宮は早速「橋本」と名乗る女を紹介してくれたバーテン木村を訪ねていった。木村はずらかっていなかった。橋本と名乗る女は本名を香田正子といい、結核の夫を抱えてコールガールに身を堕していたのだ。正子は森島のいう通りに動いただけだった。そんなことを知らない二宮は必死になって橋本を探しつづけていた。井崎刑事の働きによって女の身許が割れた。北沼商事土方の妾と判って捜査本部は色めきたった。ロケット燃料輸入にからんで工業局に不正がありと二課が内々捜査を進めていたからだ。捜査範囲がせばまれていくに従って土方はあせった。仲間割れができかねない状態だった。森島は殺し屋白水に二宮殺害を命じた。森島のきびしい監視を逃れた正子は多摩川土堤で二宮に会った。正子は何も知らないままに森島の命令された通り動いて二宮に罪をかぶせたことを心から詑びた。そしてボス森島の名を告げた。二宮は、前科者の自分を拾って可愛がってくれた森島が、罠に使うために自分を飼っておいたのだと知って愕然とした。その時正子は白水の運転する自動車に轢かれて死んだ。二宮は森島建設に飛びこんでいった。森島と白水は高飛び寸前だった。井崎刑事も駈けつけてきた。激闘の後二人は逮捕された。正子は二宮を愛しているといって死んでいった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 80
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する