閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「南国太平記・前篇」(1954)

0点--
幕末の乱世のなか、片岡千恵蔵が相対立する二役を演じた時代劇。島津斉興の側室・お由羅は嫡男・斉彬を排し、我が子の久光を嗣子に立てようとして牧仲太郎に斉彬の3人の子を呪殺させる。一方、斉彬の家臣・益満は牧を怪しいとにらみ、彼ら一味を殺そうと計画する……。

あらすじ

幕末の頃、島津斉興の側室お由羅は嫡男斉彬を排して我が子久光を嗣子に立てようと、兵道家牧仲太郎を操り、斉彬の子息三人を人命調伏で呪殺させた。最後の犠牲者寛之助の乳母七瀬が牧の幻影を見た事から、夫仙波八郎太は同役名越左源太と共に、寛之助の死は国許薩摩に居る牧の仕業と推察する。斉彬の家臣益満休之助もお由羅に疑いを抱き、八郎太の嫡子小太郎と共に藩邸の床下に忍入り、土中から調伏の藁人形を発掘した。八郎太はそれを証拠に家老碇山に進言したが、お由羅と結んだ彼は取上げない。八郎太は止むなく斉興に直訴したが、却って逆鱗に触れて所払いの処分を受けた。然し彼は飽くまで家を救おうと、七瀬と長女綱手を陰謀の黒幕と思われる蔵屋敷家老調所の動静を探らせるため大阪へ向わせ、自らは牧を討果すべく小太郎と共に江戸を発った。この時お由羅の命によって、牧は斉彬の命を奪おうと比叡山の祈祷所へ向った。益満等は秘かに浪人を集めてお由羅一味を斬ろうとし、同時に深雪を講釈師南玉の紹介でお由羅の兄小藤次に近づけ、お由羅の邸に奉公させようと企てる。お由羅はそれに対して腹心四ツ木に益満の命を狙わせるが、この騒ぎの中で久光は却って斉彬の人格に私淑していた。叡山に向う牧は恩師玄白斎から修法の悪用を戒められたが心を改めない。そして彼の斉彬調伏は玄白斎の逆修に妨げられて効力を失い始める。八郎太父子は厳重な囲みを破って山上の牧に近づいたが、八郎太は警護の剣客山内の手にかかり、小太郎は谷底へ落ちた。江戸では深雪が小藤太の許に引取られ、巾着切の庄吉が秘かに彼女を保護していた。益満は彼を慕う文字春と共に秘かに江戸を離れたが四ツ木を首領とする剣客の一団が彼の命を狙って待ち構えていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1954年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 90
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する