閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「野狐笛 花吹雪一番纏」(1960)

0点--
東千代之介が、出生の謎を持つイキな町火消しを演じた、娯楽時代劇。三次は、野狐の絵をあしらった横笛と一緒に捨てられていたという男。今は、町火消の“に組“の初五郎に引き取られている。彼には、おきぬという幼なじみがいたが、そのおきぬに旗本の尾形玄蕃が目をつけて……。

あらすじ

三次は、死んだ親父宗七のよしみで町火消「に組」の初五郎に引きとられた。三次には、呉服問屋秋田屋作兵衛の娘でおきぬという幼馴染があったが、旗本尾形玄蕃との縁談が起っているという。三次は初五郎から意外なことを聞かされた。三次は、古ぼけたうちかけと、薄の中を走る野狐を銀で象嵌した横笛と一緒に、浅草で宗七夫婦に拾われたのだ。その日から、三次の背中に笛と同じ野狐の刺青がはね上った。−−市中で火の手が上った。火事場では、町火消「に組」と弁慶、千坊主ら定火消の一隊が混乱、三次は邪魔だてする千坊主を鳶口で倒した。死罪も当然だが、どうしたことか、三次は奉行所で伊賀守の取調べを受けた後そのまま帰された。三次の無罪を尾形一味がだまっているわけはない。三次をおびき寄せるため、おきぬが囮に捕われた。秋田屋に火を放ち、火消しを率いて証拠をインメツし、三次を下手人に仕立てようというのだ。三次は尾形邸に忍びこんだが、おきぬと地下室に閉じこめられ水責めにあった。二人を救い出したのは、三次の幼友達の新吉と、「に組」ひいきの両国関だった。秋田屋に火がつけられた。尾形一味と「に組」がぶつかり合った。伊賀守が駈けつけ、尾形を捕えた。−−三次とおきぬが、初五郎夫婦に送られて旅立った。物かげで見送る伊賀守。彼こそ三次の実の父だったのだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 76
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する