閉じるボタン

「わが青春のとき」(1975)

0点--
第二次大戦下の朝鮮半島の小都市を舞台に、現地人の信望厚い日本人青年医師と、金と権力志向のかたまりのような夫との生活に疲れはてた人妻との悲恋を描いた反戦色濃いメロドラマ。名門大映の破産から3年の歳月を経て新スタートを切った新生大映映画の第1回作品。

あらすじ

昭和19年、冬。戦時色一色に塗りつぶされている朝鮮のある都市。23歳の美しい人妻上条圭子は夫、浩太郎と親子ほども年齢がちがう。圭子は掠奪されるように結婚を強いられたために夫婦の間には、愛のひとかけらもなく、浩太郎には金と権力が全てであった。ある日、圭子は村はずれの道を連行されていく四宮病院の医師、江原望を見た。彼は休日を利用して雉射ちに来たのだが、その銃声が朝鮮人たちに警察の動きを察知されたという事で逮補されたのだった。数日後、圭子は雉小屋にひそんでいた朝鮮人の少年を逃そうとしたが、浩太郎がぷ射殺してしまった。あまりのショックで圭子は失神した。病床眼を醒ました圭子の枕元に江原の微笑があった。やがて、圭子は江原の中に今まで知り得なかった人間の暖かさを感じ、二人の間には愛が芽生えていった。二人の仲が、浩太郎に知られた。激怒した浩太郎は、圭子の床上げ祝の席上、江原の叔父が天皇狙撃者として死刑になった事を暴露した。圭子は浩太郎の残忍さをはっきり知った。凍りついた河原を歩きながら、圭子は江原に愛をうちあけ、その夜、二人は結ばれた。戦局は日本に不利になり、浩太郎は焦燥していた。しかも、圭子が江原の子供を身ごもった。狂気のように暴れまわる夫に、圭子は誇らし気に宣言した。「私は自由になります! そしてあの人の子供を生みます!」 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1975年
製作国 日本
配給 大映=俳優座映画放送
上映時間 106
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る