閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「でべそ」(1995)

100点100
1995年12月末日に幕を降ろした、ストリップの殿堂・渋谷道頓堀劇場の名物オーナー・矢野浩祐氏の波瀾万丈に満ちた半生を映画化。世間を踏み外した極道の矢部は、日本全国のストリップ小屋を巡業する一座の座長となった。最初は、女で食べていくのが嫌でたまらなかったが、天衣無縫なストリッパーたちと暮らすうちに、次第にストリップの世界に魅せられていく。やがて看板娘のストリッパー・マヤと恋に落ちる。性の世界に浸りながらも、純粋無垢な心を持つ主人公を、片岡鶴太郎が熱演。ちなみに“でべそ“とは、ストリップで客席に張り出した丸い舞台のこと。DVDタイトルは「でべそ DE ストリップ」。

あらすじ

昭和35年・夏、九州・小倉。月原組の親分を討ち損ねた鉄砲玉の浩太は、兄貴分である島津のお陰で2年の刑期を済ませた後、ストリップの元締めである九州座の太夫元の職に就いた。初めは、女の裸でメシを食うことに抵抗を感じていた浩太だったが、自分の気持ちに正直に生きるストリッパーや芸人たちと巡業を続けるうち、次第に彼らの人間としての魅力にひきつけられるようになっていた。やがて、浩太は一座の花形女優・マヤと結ばれる。一座の面々も浩太になつき始め、本来ならご法度である桃子とベサメムーチョの芸人同士の結婚を浩太が認めたことで、彼らはより強い絆を感じるようになった。しかし、彼らとの仲を深めれば深めていくだけ、浩太は自分の度量のなさに嫌気がさしてくるばかりだった。浩太は一座の解散を提案するが、一座の面々は浩太と運命を共にすると言う。彼らは九州座から離脱することを決意して、新たに“硬太座”を旗揚げした。浩太の裏切りを知った九州座は、信州へ逃げた浩太たちを追いかけるが、彼らはなんとか追っ手を振り払い、さらに北海道へと逃亡する。北の地で興行を始めた“硬太座”は、金髪ショウなどの新しい出し物で成功を収め、マヤの天狗オナニー・ショウが特に話題を呼んでいた。しかし、上京してストリップで身を立てようと考えた浩太は、突然マヤとともに一座を抜けて東京へ行くと告げた。これからという時に中心人物を欠くことになった一座の面々だったが、ベサメムーチョを2代目の太夫元にして、快くふたりを送り出してやることに決め、それぞれの門出を祝って野球に興じた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1995年
製作国 日本
配給 マクザム=ビジョンスギモト
上映時間 103
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する