閉じるボタン

「罪と罰 ドタマかちわったろかの巻」(1994)

0点--
万年ヒラ刑事・狭間は警察本部長に、裏ビデオに出ている愛娘の保護を依頼される。彼女を追ううちに、狭間の前に意外な難事件が姿を現してくる……。早撮り低予算の刑事アクションながら、走るだけが得意というパンティー泥棒専門の中年刑事を間寛平がひょうひょうと演じて味がある。拳銃もろくに扱えぬ彼のでたらめな撃ち方に、ツワモノぞろいの敵が怯えて腰が引けてしまうというアクション演出は、井筒監督ならでは。

あらすじ

大阪吹田署に勤務する万年ヒラ刑事の狭間寛は、府警本部長・進藤の頼みで家出してデートクラブ嬢をしているという進藤の娘・美沙子を探すため東京へやって来た。進藤に紹介され東京の刑事・岡下に会った後、狭間はあっせん屋の布施の協力をとりつけ彼女を探すが、ひそかに狭間を尾行していた刑事の真田がホテルで射殺され、布施の恋人・春美もプロの殺し屋・辰巳に殺される。おまけにその犯人として狭間は指名手配されてしまい、布施やようやく探し当てた美沙子ともども3人は、警察と殺し屋の両方から逃げ出す羽目に。実は岡下と地下組織の女ボス・黒崎友香が通じており、その上進藤こそ組織の真のオーナーだった。進藤と友香が通じていることを証明する写真を美沙子が持っていたことから、狭間はダシに使われ命を狙われるようになった。逃走のさなか、布施が岡下に殺される。また娘を生かそうとする進藤も辰巳に殺されるが、狭間と美沙子はその辰巳との最後の戦いを何とか切り抜けた。残った友香と岡下との間でも裏切りあいが起こり、狭間と美沙子は無事逃げ切るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国 日本
配給 シネマパラダイス=ヒーロー
上映時間 95
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する