閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「闘魚」(1941)

100点100
丹羽文雄の新聞連載小説の映画化で厚生省が後援した作品。本作製作当時は非常に恐ろしい病気だった肺結核に対する正しい知識や対処法が、映画内で語られている。OLの笙子は、肺を患い不良生活に明け暮れている弟の面倒を見つつ、出征中の婚約者の帰還を待って、日々働いていた。だが婚約者はその母のたくらみで別人との縁談を承諾させられて……。

あらすじ

昭和10年代の東京。多巻笙子は、結核を患う弟の面倒を見ながら会社事務員として働いていた。出征中で婚約者の従兄の帰りを待つ笙子だが、その従兄は母親の企みで別の女性との縁談を承諾させられる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1941年
製作国 日本
配給 東宝東京
上映時間 125
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する