閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「十日間の人生」(1941)

0点--
船長の父とその息子を主役に、父子の信頼と愛を描いた作品。父の船が入港の日、海に身投げした男が収容される。父は最初得意気だったものの、息子が自殺の現場を見ていたにもかかわらず、新しい服を汚したくなかったため救助に飛び込まなかったことを知ってしまう。そして、一挙に息子への不信感を募らせる。一方、息子も自分の非を気に留め始めて……。井上正夫の10数年ぶりのスクリーン復帰作。
製作年 1941年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 66
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する