閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「展覧会の絵」(1966)

0点--
手塚治虫がセル・アニメーションの様々な様式を用いて製作した、10話の短編によるオムニバス。構成はムソルグスキー作曲、ラベル編曲の同名曲になぞらえられて、それぞれの短編が間奏曲でつながれている。工場を完全オートメーション化した工場主が、彼自身も機械として扱われてしまう第4話「工場主」のように、どのエピソードにも風刺、皮肉、ブラックユーモアがたっぷりとまぶされているのが興味深い。ただこれは欧米のアニメーションへの憧れの具体化、もしくはオマージュともとれ、その独創性を手放しで評価することはできない。第1〜10話の各話タイトルは次の通り。「評論家」「人口造園師」「整形外科医」「工場主」「チンピラ」「チャンピオン」「テレビ・タレント」「禅/葬式」「兵隊」「フィナーレ」。

あらすじ

 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1966年
製作国 日本
配給 虫プロダクション
上映時間 39
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する

監督