閉じるボタン

「天保遊侠伝 代官所破り」(1965)

0点--
多彩な娯楽要素を散りばめた時代劇エンターテインメント作品。親友を妹と結婚させる約束を果たすために、父の落胤を探す旅に出た名門松平家の次男坊・源之助は、山賊の根城で出会った信姫が、まさしく彼の妹であると聞く。身分を隠して信姫のお守を続ける彼は、奉行と結託して暴利をむさぼる米問屋と対決することになる。

あらすじ

凶作続きで年貢米の上納にあえぐ百姓衆の味方であった十一屋一家の親分仁蔵が、縄張りを競う飯岡の助五郎一家の手で刺殺された。十一屋の代貸笹川の繁蔵は、仁蔵の遺言を守り、子分衆をなだめて、飯岡の代貸州の崎の政吉の善処を期待していた。だが政吉の努力も虚しく、繁蔵の襲名披露にも助五郎は姿を見せなかった。女と酒で身をもち崩した千葉道場の高弟、平手造酒は、繁蔵を頼って来たが、繁蔵はやくざの喧嘩に侍は関係ないと、造酒の申し出を断った。帰途造酒は、道場の弟弟子望月武太夫が銚子代官として赴任するのに出会った。造酒は、出世欲にとりつかれた望月を苦々しく思いながら、望月のもとで徒食することになった。望月の年貢とりたては非情そのものだったが、十手を預る助五郎は、そのお先棒をかついだ。政吉はそんな助五郎を戒めたが、逆に繁蔵との仲を疑われ、助五郎に繁蔵を斬る約束をした。そして、政吉は、繁蔵の代貸清滝の佐吉に斬殺された。激怒した繁蔵は、喧嘩状を助五郎に叩きつけ、助五郎一家と乱闘となったが、捕方陣を向うにまわしての喧嘩は、繁蔵の破れるところとなった。一方芸者お竜は、かつて造酒の女であったが、今は繁蔵の力添えで小料理屋の女将となっていた。その恩義が愛情にかわり、繁蔵とお竜は結ばれる日を待つばかりになっていた。突然の造酒の出現で、繁蔵は、造酒と相対したが、その時造酒が吐血したため、床に伏せることとなった。繁蔵の男っぷりに惚れていた造酒は、秘かに繁蔵の身を案じていた。その頃、望月や助五郎の悪事で百姓衆の生活はどん底であった。たまりかねた繁蔵は、子分をひきつれ、代官所に殴り込みをかけ、造酒の応援を得て助五郎を斬った。だが造酒も、乱闘の中で繁蔵にお竜をたのむと息をひきとった。繁蔵は、涙にくれるお竜を後に、百姓の窮状を告げるため、裁きが待つ江戸へ発った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 86
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する