閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ちんころ海女っ子」(1965)

0点--
富永一朗の原案を前田陽一が演出したお色気喜劇。東京の近くに浮かぶ為朝島の観光会長は、海女に怪しげな水中レビューをさせ、観光を売りものにしてこの島を日本のハワイにしようと企んでいた。しかし海女たちはこれに猛反対。その観光会長と海女たちのすったもんだに、ストリッパーが絡んで大騒ぎとなる。元ノーマン・メイラー夫人、ホキ徳田が出演しているのも珍しい。

あらすじ

東京から数百米離れた太平洋上に、昔は江戸の罪人が流されてきたという為朝島があった。島の観光会長で海流荘という旅館を経営している助徳は、島の海女たちに怪しげな水中レビューをさせて観光客を誘致し、この島を日本のハワイにしたてようとしていた。島の村長や医者の陣野も助徳の計画に賛成し、早速、竜一や伝次という村のチンピラが狩りだされ、計画は実行に移された。ところが海女集落の海女たちはこれにこぞって反対し、助徳たちの味方はショウ子一人というありさまだ。ショウ子には、いつの日か助徳が今の女房お種を追い出し、自分が後釜にすわろうという腹があったのだ。一方ショウ子の妹、お玉は、温泉の試掘に夢中になっている父、伍作の生計をたすけて海女となって働いていた。この海女集落には昔からのしきたりで、妊婦や“月ノモノ”の女達は自発的に“他火小屋”という小屋に入ることになっていた。ある夜、お玉もその仲間入りをした。そんな時ストリップ劇場のスター・ナギのセクシーな躍りに興奮した村の青年たちが大挙して他火小屋におしかけてきた。勝気な玉子は青年たちをはねとばして難をのがれた。そんな時、有名な肉体女優春本ます江が別荘を買いに来島した。島はにわかに活気づき、ショウ子の発案でストリッパー・ナギらが海中レビューを行うことになった。これが図にあたり、島は観光客でふくれあがり、海女たちも“海女芸者”として観光客にサービスすることになった。やがて島には温泉も噴出し、大観光会社の手で航空路も開拓され、島は大歓楽境と化していった。お玉はそんな島に愛想をつかし、助徳の求婚をふりきって上京する決心をした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 83
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する