閉じるボタン
【重要】「ぴあ映画生活」サービス終了のお知らせ

「ブラボー!若大将」(1970)

【DVD発売中】

80点80
三矢物産の営業部に勤務する田沼雄一は、会社側の道義に欠けたやり方に不満を抱き、会社を辞めて熊井鉄工に入る。事業が進展しない三矢物産は、熊井鉄工と合弁会社を作り、雄一は社長に就任。加えて松井節子という恋人も獲得する。

あらすじ

三矢物産の営業部に勤務する田沼雄一は、親友の青大将こと石山丹次郎が専務をしている東西デパートと取引きのコネをつけた。そんなある日、雄一は、熊井鉄工の熊井から、住宅用鉄材の売り込みを受けた。雄一は、“住宅に関する企画案”を提出し、岩崎部長が賛成し、雄一は案の実現に猛ハッスル。ところが数日後、企画案が突然没になった。というのも、三矢物産は、熊井鉄工を無視して、裏面で大手の鉄工会社と事業提携を進めていたのだった。会社の道義に欠けるやり方に怒った雄一は、辞表を叩きつけ、単身グアムへ飛んだ。休暇で島に来た、節子、チヨコ、直江や、商用で来た石山と事業提携で同行した西岡と再会した。雄一と節子の間に恋が芽生えた。やがて帰国した雄一は、家業のすき焼き屋“田能久”の仕事に精を出したが、義弟の江口の失敗の責任を負って家を出た。ビルのガラスふきになった雄一は、偶然熊井と再会し、熊井鉄工に入社した。熊井の資金難を助けるべく、銀行家へ嫁いだ百合子に融資を頼んだ。その時、節子は、百合子の胸に雄一の贈ったブローチを発見し、雄一を責めた。一方、住宅事業が進展しない三矢物産は熊井鉄工と合弁会社をつくり、雄一は社長に就任した。休暇をとった雄一は再びグアムを訪れたが、その後を追うように、石山と節子が支店進出のため島を訪れた。誤解のとけた節子の明るい笑顔が、たくましい雄一のかたわらにあった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 東京映画
上映時間 89
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する