閉じるボタン

「平手造酒」(1951)

0点--
悲劇の剣客、平手造酒の半生を描いた作品。千葉周作門下として将来を期待されていた平手造酒だが、仕官の道は閉ざされ恋人は嫁に行きと、事がうまく運ばず、ついには酒びたりとなって喀血する。彼の腕を見込んだ渡世人・笹川の繁蔵は、平手を用心棒に雇った。そして繁蔵と飯岡の助五郎との間でケンカが持ち上がり……。山村聰が、自分の意に反して、孤独の中へ落ち込んでいく平手を悲愴感タップリに演じている。

あらすじ

郷土の家に生れ大家へ仕官を志した平手造酒は、剣豪千葉周作に師事して精進した甲斐あってその代稽古を勤める迄になった。周作は松平侯へ造酒を推せんしたが、同家では思いつきで角力を召抱えてしまった。その上、造酒より腕のない門弟が金と門閥とで大家へ召抱えられ、心をひかれていた周作の娘は名家へ嫁入り、柳橋で知った芸者増次は、同門の者に金で自由にされたことを知った。そうした事が重なるにつれて、造酒の心は傷つけられ自棄に陥ちて行った。大酒をあふり、荒んだ稽古のつけ方に門弟一同の憎悪を買ったあげく、健康を害して喀血した。そしてある夜増次と共に江戸をあとに旅に出て、利根川べりの町の祭礼に、居合抜きをやる迄に身を落していた。土地の顔役笹川の繁蔵は、造酒の腕を知って用心棒にと子分の富五郎を使者に立てた。造酒はそれ丈はと頑強に拒絶していたが、再び病いに倒れたため、繁蔵の世話を受けて静養する身になった。快方にに向った造酒は笹川の道場で子分の稽古を見てやりながら風の便りで周作が自分の帰るのを待っていてくれるときいて、初めて心の明くなるのを感じた。しかし笹川一家とこれを敵とする飯岡一家との醜い勢力争いに心ならずも巻き込まれるに及んで再び造酒の心は自棄の穴におち込み、自らその渦中に投じて果てたのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1951年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 107
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する