閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「東京河童まつり」(1951)

0点--
喜劇一筋の斎藤寅次郎監督による、田端義夫主演の歌あり涙ありのコメディ。理髪店に勤める圭一と一郎は、児童ホームの美人寮母に熱を上げ、ホームに遊動円木を寄附しようとして流しの歌手を始める。実は彼女、理髪店主の娘であり、恋人が北海道にいるのであるが……。

あらすじ

江村圭一は隅田川のだるま船の万造と別れ、幼友達一郎の働く理髪店に勤めることになる。折から散髪奉仕日で水上児童ホームの子供たちが沢山やって来たが、寮母の光子を店主の娘とは知らず、圭一は好意を持ってしまう。光子には北海道に丸男という恋人のいることを知らず、一郎も恋している。アプレ紳士の丸男がホームへ遊動円木を寄附することを口実に光子にいいよっているのに憤慨した圭一と一郎は、流し歌手をして一生懸命に稼いで、自分たちの手で遊動円木を寄附しようとがんばっている。隅田水連の社長山井庄次郎とその妻はま子は空襲で一粒種の息子を失ったが、その子が万造にひろわれた三吉であると知って、子供を返せとせまる。万造は自分の生き甲斐である三吉を失ってはと嘆くが、三吉の幸福のために涙をのんで彼を夫妻へかえした。一人ぼっちになった万造に、光子はお鈴という女房を世話してやった。そして、ひそかに丸男と結婚して北海道へ旅立った。児童ホームでは圭一たちの寄附した遊動円木の除幕式が行われ、傷心の一郎は理髪店を貰った。隅田を上り下りするだるま船からは又圭一の唄声がきえることになった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1951年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 86
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する