閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「泣きぬれた人形」(1951)

0点--
当時、歌手・俳優として頂点へ向かいつつあった美空ひばりの魅力を、全編に取り入れた人間ドラマ。ガード下で貧しいながらも仲良く暮らす隆治とアヤ子の兄妹。だが、隆治はまちがって警察に捕まり、アヤ子は一人残される。スリのきみ子と知り合ったことがキッカケで、アヤ子は歌の才能に目覚めるのだが……。

あらすじ

隆治とアヤ子の兄妹はガード下の部屋に貧しいながら仲睦まじく暮らしていた。しかし、従兄の横沢は密輸をやっていて、隆治が貸した金を催促に行ったときに事務所に警察の手入れがあり、隆治も一緒に拘引された。タクシーの運転手の山田老人は、一人残された幼いアヤ子の面倒を見てやろうとするが、彼も貧しく家族が多いので、アヤ子はいたたまれず街へ出てさまようのだった。その時相川君子というスリの女と知り合って、そのアパートに泊めて貰った。キミ子はインチキ・ウイスキーを密造している由造夫婦の手先に使われていたが、同じ仲間の川島は音楽家くずれで、歌の好きなアヤ子に歌を仕込んでくれた。釈放された隆治は、アヤ子の歌声をたよりに居所を探し出してアヤ子を連れ戻したが、由造たちはアヤ子の歌で一儲けしようと考えていたので、またアヤ子を誘拐してしまった。君子はアヤ子兄妹を知ってから甦生を決心するが、隆治は妹や君子を悪人共の手から救おうとして、由造たちが、倉庫の荷物を盗み出すことの手助けを承知し、警官隊の弾丸に射たれた。山田老人は隆治を家まで運んでやったがアヤ子や君子の将来の幸福を祈りながら、二人に見まもられながら息をひきとったのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1951年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 98
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する