閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「東京の女」(1933)

87点87
大学予科生の良一は、一緒に暮らす姉のちか子に月謝と小遣いをもらって学校に通っている。ちか子は弟のために昼はタイピスト、夜は翻訳の手伝いをして働いているのだ。だがある日、姉がいかがわしい酒場に勤めているという噂が良一の耳に……。登場人物を徹底的に切り詰めた室内心理劇で細かい描写が印象的。
製作年 1933年
製作国 日本
配給 松竹蒲田
上映時間 47
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する