閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「東京さのさ娘」(1962)

0点--
浅草の下町を舞台に、男勝りのイキな啖呵をきり、歌がうまくてきっぷのいい下町娘・杉本千枝子を主人公にした青春メロドラマ。劇中のゲイシャ・パーティで千枝子役の江利チエミが芸者姿で『さのさ節』を披露、彼女のはつらつとした演技が見もの。

あらすじ

浅草の下町娘杉本千枝子は、運送店をやっているやもめの父の文吉とは別に、小さいながらも不動産業を開いている。千枝子の兄勘太郎はいっぱしのやくざ気取りで、家にも寄りつかない。千枝子はガソリン・スタンドに働いている北川邦夫にほのかな思いを寄せている。だが、芸者の花奴も邦夫におぼし召しがあるので、千枝子は気が気でない。そんなところへ、邦夫のペン・フレンドであるジミイ・スコットがアメリカからやって来た。無銭旅行のため千枝子は自分の家の二階を下宿にかしてやった。そんなこととは知らない叔母の八重は、千枝子の婿にと、文吉の店で働いている健一との話を持込んで来た。恩のある文吉の手前、健一は八重の店で働いている伸江との話もできず困り果てていた。それを知った千枝子は二人の仲を取持ってやるのだった。一方、花奴はジミイ招待を種に邦夫を引っ張り出し、ゲイシャ・パーテーを開いた。この抜け駆けも、千枝子が芸者姿で現われ「さのさ節」を唄って座をさらってしまったため、花奴はカンカンだ。一方、父の文吉はおにぎり屋の女主人絹代のところに通いつめている。そんな父の文吉に千枝子は我慢がならない。だが、今度ばかりは、文吉はただの女狂いではなく真剣な恋だったのだ。その文吉が自動車事故で入院した。千枝子は女狂いするからバチが当ったのだと、文吉に冷たかった。そんな千枝子に邦夫は、君はもっと素直になるべきだと言って去っていった。文吉を引っかけた車の持主は、邦夫の父親だった。邦夫の父が石油会社の重役と知って、千枝子は邦夫との恋を諦めようと思った。文吉の自動車事故は、いろいろな意味で幸せをもたらした。文吉と絹代の仲も千枝子は素直に認めるようになった。勘太郎も家に帰って真面目に働くことになった。やがて夏祭りがやって来た。櫓の上で唄う千枝子と、踊りの輪に加わった邦夫の二人の顔は明るかった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1962年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 74
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する