閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「トニー谷の忍術選手権試合」(1956)

0点--
「トニー谷の忍術武者修業」の続編。インチキ忍術使い・福太郎の手で悪家老・大仁良兵衛の衝撃から救われた小夜姫は、無事に波乱万城へ帰ることができた。しかし、彼女の婿となり、藩を牛耳ろうとする良兵衛は八百長の剣術試合を計画。一方、小夜姫も自分の愛する千代之進を勝たせようと福太郎に協力を求めるのだった……。エンタツの妻に扮した、クサリ鎌を使う猛女の浪花千栄子が怪演。

あらすじ

インチキ忍術使い福太郎の手で悪家老大仁良兵衛一味の襲撃から救われた小夜姫は無事、父保井北佐々守の居城、波乱万城に帰ることが出来た。福太郎を慕って後を追って来たお八重は、城下で奇術師唐人斎一座を知った。また福太郎の忍術極意書を狙う狼人石川六右衛門も大仁一味に加わり、六右衛門の妻おさとは子供を連れて夫の後を追い、ここに登場人物悉く波乱万城下に集まることとなった。良兵衛一味の密談の場所に福太郎は忍びこんだが発見され、危いところをお八重の気転で助けられた。福太郎のおっちょこちょいが心配でたまらないお八重は唐人斎一座に応援を頼んだ。一方、ことが進行しないので業をにやした良兵衛は姫の婿を決める剣術大試合に相手を買収して八百長勝負をやり、自分が一等賞になって合法的に姫と藩を手に入れようとした。恋人の中村千代之進を勝たしたい一心の姫は、これも試合出場に胸躍らせる福大郎に是非負けてくれと頼んだ。姫に相当参っていた福太郎は当が外れてがっかりしてしまった。試合当日、良兵衛の策は功を奏し、姫の頼みとする千代之進も敗れてしまった。むくれて試合にも出ず宿にいた福太郎は急を聞くや、高田の馬場にかけつける安兵衛気取で試合場へかけつけ、お八重の頼みで現われた奇術師一座の奮闘のおかげで見事良兵衛一味を屈服させた。かくて保井北藩のお家騒動は納まった。福太郎は自分の忍術がインチキであったことを改めて認識し悄然となったが、いつに変らぬお八重の真心を知り心機一転、二人は結婚して家業の質屋経営に精を出すことになった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 44
カテゴリ ファミリー
チケット 前売りチケットを購入する