閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「フランキー・ブーチャンの殴り込み落下傘部隊」(1958)

0点--
フランキー堺と“ブーチャン“こと市村俊幸のコンビによる“軍艦旗“もの第3作。ドジでマヌケな門馬三太郎と間々田伍作は、落下傘部隊へ転属となり、相変わらず失敗を繰り返すが、ひょんなことから大手柄を立てる。フランキー堺はこの作品を最後に日活を退社し東宝へ移った。

あらすじ

−−祖国を目指す日本帝国軍艦。そのヘンポンと飜る軍艦旗のそばで、サンマを釣っては焼いている二人組がいた。いわずと知れた門馬二水と間々田二水である。−−総員甲板洗いの最中なのに彼らはノウノウとしているのである。何故なら、彼らは飛行機が不時着し酒巻兵曹と共に救われた身で、いわば員数外であったからである。祖国についた三人のうち、酒巻を除いては戦死とされ、幽霊兵隊になっていた。行き所のない二人は分隊行進をしていた一隊の後にくっつき、基地へもぐりこんだ。隊の人事係は驚いた。そうして、仕方なく二人を炊事班の手伝いにしたが、司令長官のトンカツ原料の豚を捕えるのに彼らは苦労し、仕事がたちまち嫌になった。仕事をかえろと申し出、次ぎはドブ掃除専門の作業班に入った。前科者ばかりのこの班を、二人は煙にまき、ボスになったのも束の間、作業班は他の部隊へ転属になり、彼らは取り残された。そこへ、部隊長森田中尉が通りかかり、行き所のない二人を自宅へ連れ帰り、妹の安子と共にもてなす。翌日、二人が入れられた彼の部隊にはコハイカニ、酒巻と、前科ものの班が待っていた。はげしい落下傘訓練が始ったが、二人はヘマをくり返すばかりだった。司令長官の前での降下演習に、彼ら二人だけが失格になりそうになったが、安子のとりなしで出場できた。しかし、降下の結果は、二人ともロクな場所に落下しはしなかった。間々田は高圧線で感電重傷する有様。ついに出撃命令が下り、兵隊たちは家族と最後の面会に外出した。ヘマの故で、外出止めを食った二人は酒巻に連れられ町へマラソンに出た。ゴールは森田中尉の家である。やっとたどりつくと、うれしいことにそこには酒巻、森田、安子らのはからいで、間々田の女房お光と門馬の祖母とが待っていた。次の日、彼らは、一人は女房の、一人は安子の写真を胸に南方へ飛び立ち、X島の油田地帯に降下した。二人が、舞い降りたところは、なんと爆薬が仕掛けられた石油タンクの上だった。導火線は燃えている。二人は落下傘がとれずにモタモタしている。導火線が燃え尽きようとした時、酒巻兵曹が飛びこんでき、体ごと火をモミ消した。こうして、かの石油タンクは、二人が占領したことになったのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1958年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 80
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する