閉じるボタン
【重要】システム障害発生につきまして

「ひばり姫初夢道中」(1952)

20点20
城主が老齢に達した青空城。権力に心を奪われた家老は、城主の養子の兄で痴呆症の大之亮をまつりあげ、実権を得ようとする。それを知った城主の娘・ひばり姫は……。大曾根辰夫が、会社側からようやくその実力を信頼され始めた中期の作品。

あらすじ

青空城のひばり姫は悪家老赤倉大膳のため命をねらわれる身の上であった。父君の老齢に案じて養子の兄で、痴呆の大之亮を世継として青空城を乗取ろうとする大膳の陰謀からである。ひばり姫は父に大膳の悪謀を訴えるが、かえって城を追われる身の上となった。城を出たひばり姫は、旅芸人六助一座にひろわれて、一座の人気者となるが、大膳一味の迫手に見破られて、急流へとび込み、渦に巻き込まれた。忠臣の甲田弘之進と乙川落兵衛は、ひばり姫を探して旅するうちに、枕さがしの美女梢と知り合い、夫を殺され、妾になれと迫る大膳の手をのがれて六助一座にいる間に、父忠八の借金を返すため悪いと知りつつ悪事を働いたてんまつを知った。その梢の父忠八にひばり姫は救われていて、甲田や乙川とめぐり逢い、大膳の陰謀に使われていた大六という生証人をとらえて城へ乗り込んだ。その日は大之亮の世継決定の祝賀会であったが、悪事のばれたと知った大膳は、ひばり姫の父君を斬ろうとして果さず、甲田、乙川の正義の刃に倒された。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1952年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 97
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する